読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽真名子のよくある毎日

チャレンジこそが人生さ

気になっている人は見に行ったほうがいい「甲鉄城のカバネリ 総集編」

こんにちは☆真名子だよ。

先週、「甲鉄城のカバネリ 総集編」の後編を、何の前知識もなく見にいきましたが……

 

今週は、前後編、通しで見てきました。

f:id:himanako:20170113234126j:plain

前編の鑑賞特典CDは配布終了で手に入れられず。フィルムは無名が正面で真ん中にいるカットでした。

 

<現在の劇場鑑賞状況>

・前編……1回

・後編……2回

↑なぜこんなカウントをしているかというと、

もう一度前後編通しで見に行くかもしれないからです。

 

何故こんなに嵌ってしまったのか。

 

1)劇場スクリーンで見たくなる作画の綺麗さ、丁寧さ

 キャラクター作画の丁寧さ、甲鉄城ほかの背景の書き込まれ方、アクションシーンの快適さは初出がTVシリーズとは思えないクオリティです。

むしろ、スクリーンでこそ見てほしい。

どのくらい丁寧に絵が作られているかよくわかるから。

女の子たちはみんなことごとく美しく可憐でかわいらしい……

美樹本イラストをほぼそのまま動かすって可能なんだ!!

これ、TV放送の時にどうだったのかとても気になってます。

陽真名子のはずなのに今週はちょこっとたてこんでしまっていて、まだTVシリーズ版は視聴できていません。amazonプライムの準備はバッチリなんだけどなー。

 

2)前後編でストーリーがしっかりまとまっている

 後編から見るというアホなことをしてしまっている私ですが、前編を見た後もう一度後編を見たくなるという病にかかりました。

「人類に対する脅威に、力をあわせて立ち向かう」系が大軸なので、よくあるストーリーかと思いきや、各登場人物の成長がしっかり描かれていて満足しました。

主人公の生駒が、最初からしっかりと「戦うこと」に対して前向きで努力しているのもとても好み。知恵があるのもドストライクです。

(注:前編でそれがしっかり描かれていたからこそ、後編の凹みが生きてくるのだと思うのですが、後編から見た時には「何故こんなに打たれ弱い描写なんだろう?」という違和感がありました。前編の、呪いの言葉を吐きながらも身を呈して自分の思う「仲間」を守ろうとするシーンがあってこそ、そういった時にいつでも味方でいてくれた逞生(たくみ)の存在があってこそ、後編の絶望が理解できる)

総集編が初見だと、TVシリーズはスピンオフ的な楽しみ方ができそう。だから早くTVシリーズも見たいんだってば……

 

3)映画館ならではの「音」

映画館って集中してその作品に浸れるところがいいところですよね

戦闘シーンにあわせて「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」が流れたときに、背中に衝撃が走りました。

 

4)オリジナル作品であること

総集編や映画をすすめるということとは全く趣旨の違う話になってしまいますが、

これが「オリジナル」だということも、強く応援したい理由です。

このご時世、映画にしろTVドラマにしろアニメにしろ、オリジナル企画を通すのがどれくらい難しいか、よく知っています。(何故なら沢山没くらったから)

その難しいことにチャレンジして良作を作った人たちは評価されるべきだと思っています。

 

そんなわけで、

いいものは収益が評価に繋がるうちにいいと言っておきたい!!

から、今日急いで書いてみました。

もう寝る。

 

もう一回前後編通しで見ちゃうよ、たぶん。

 

今日は写真投稿も練習してみたよ!